初釣行で初バスゲット!など、ブラックバス釣り、渓流釣り、海釣りやカーオーディオを中心とした車の話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

初釣行で初バスゲット!

 先日の日曜日(3/23)、友人と今年初のブックバス釣り釣行へ行ってきました。

例年より雪は少ないものの、ダラダラといつまでも寒くなかなか春が訪れない中での釣行。

前日の夜には雨が降っており釣行を考えましたが、当日は快晴となり状況を確認する程度のつもりで行くことに。



快晴とはいえ気温も水温も低くまだまだスポーンには早い感じですが、

狙いは低水温から動き出すデカバス。


今年から本格的に導入するベイトフィネス。ロッドはメジャークラフトVKC-65UL/BFS

基本的にスモラバやソフトベイトを使うベイトフィネスロッドですが、

今回はスモールプラグを使用するためリールはバリバス ゲーム5LB(ナイロン)とバリバス アブソルート6LB(フロロ)の

2パターンを用意し使い分けることに。


ロッドはULと表記してあるものの一般的なULほど柔らかくなく、

スモールプラグをキャストするにはちょっとキャストしづらいです。


とりあえずナイロンを巻いたリールをセットし、ルアーはソウルシャッド。

シーズンオフの間にベアリングを交換しベイトフィネス用のオイルで回転性能を上げているため、

バックラッシュに注意しブレーキ調整をしながらのキャスト。


低水温のためタダ巻でも早いかなって感覚的に思ったんで、

プラグの操作は主にロッドで。

ワームを扱うようにロッドでプラグを引き、引いたらロッドを戻してラインスラッグを取る。

ゆっくりロッドで引くため根掛かりしませんし、ゴロタ石やリップラップを舐めるように引ける。

ラインスラッグを取るのもブラックバスに口を使わせる間を与えることになります。


1本目のブラックバスは止めたプラグが動き出した瞬間。

ゴロタにコンタクトしたような小さなアタリ。

プラグを引いているロッドを止めるとティップが入りスイープで合わせる。


この日の釣果は40up3本とバラシ2本。

ナイロンは1本目のみでその他はフロロ。


水温が低いためショートバイトですが、止めているときなどに食ってきたブラックバスはプラグを丸呑み。


DSC_0104.jpg 

もう少しするとお腹も大きくなりやり取りも面白くなりそうですね。








TOPバス釣り初釣行で初バスゲット!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 俺、趣味に生きる!! All Rights Reserved.
まとめ ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。